ガーナー氏更迭
2003ねん5がつ12にち
アメリカの占領政策が多少変更になったようで、イラクの占領指揮官ガーナー氏が更迭される見通しになりました。
国際的にちょっとはよくなったと見られると思いますが、その真意はいかがなものでしょうか?主に二つ考えられると思います。
・ガーナー氏がイラク国民に受け入れないため変更した
・国連にアメリカの占領政策を国連安保理に認めさせるための譲歩策
もちろん、両方の意味があるのでしょうが、主なねらいは後者であると思います。実際、アメリカが国連に提出されると言う占領政策案はとても可決されるような内容ではありません。その交渉材料のひとつとして、よりイラク国民に反感を持たれにくいであろう指揮官を置くのだと思います。
しかし、指揮官が文民に変わったところで、イラク国民にどれだけ受け入れられるかは微妙です。今なお反米感情は高まり続けているように思います。イラク国民を本当に思うなら、やはり国連に全面委任するべきでしょうね。
( Top▲ )
日記の入り口はコチラです♪